旭化成ワッカーシリコンの硬化剤 代用品はこれ T-40

型取りシリコンは、いつも旭化成のワッカーシリコンを使っています。

いつもの旭化成シリコンとクレオスのシリコン

耐熱性があり価格も低い型取りシリコン(どちらも硬化剤が付属)

どちらにも硬化剤が付属しており同時に購入できるのですが、いつも硬化剤が不足してしまいます。

硬化剤だけ購入しようと思っても、売り切れていたり、価格が上がっていることが多く、結局使うのでと、本体と一緒に購入していました。

しかし、硬化剤なら同じ成分だろうと思い、同じワッカーシリコンである、GSIクレオスの硬化剤を購入してみることに。

というのも、「T-40」という表示がどちらにもあったのと、「これって、同じ容器じゃないの?」と思ったから。

旭化成とクレオスの硬化剤を比べてみる

シリコン硬化剤

届いたので並べてみました。容器は同じですね。

シリコン硬化剤

容量(40ml)も同じ。購入時の価格は、送料込みで549円でした。

シリコン硬化剤
シリコン硬化剤

どちらも、made in Germany。成分表がないので比べられなかったのですが、上からシールが貼られているのではがしてみることに。

シリコン硬化剤

え? 剥がそうとIPAを吹きかけてみると、下地があらわに。

同じやないかいっ!

クレオスは旭化成から仕入れているのでしょう。ラベルの上からラベルを貼るってどうなのでしょう。もしかしたらシリコンも同じかもしれませんね。

でも、レビューにはこっちの方が良いだとか、あっちはどうだとか書かれています。まぁ、OEM商品にはよくあることで、同一のものでもラベルやメーカーが違うだけで使い心地も違って思えるものです。

白猫

猫のオカシラもそう言ってました。

ちなみに、旭化成のワッカーシリコンの茶と白の使い心地ですが、若干白の方が柔らかい気がします。

本当にそうかな?

タイトルとURLをコピーしました