やばいくらい明るいのに100円 ダイソー &セリア2WAYランタン

2WAY LANTERN(ツーウェイランタン)は2023年6月ごろには発売されていた商品のようですが、今まで気にしていなかったのになぜか目に止まり、手にとってみると……

あれ? 200円とか300円とか目立つ価格表示がない?

もしかして100円なのですか、あなたは!?

「私は100円なのです、買いなさい」

今どき単三電池3本必要

2WAYランタン

ダイソーにしてはそれなりに大きなパッケージなので、すぐに分かります。

それにしても、みんな中身が気になるのか、どれも開けた形跡がある箱でした。

中身を見るのはよいのだけれど、破ったり折り曲げたりするのはやめていただきたいですね。

ダイソー公開スペック

カテゴリー:電気
商品番号:4972822311540

原産国(地域):中国
材質:本体:ポリスチレン 反射板:ポリプロピレン
商品サイズ:10cm × 3.2cm × 13.2cm
内容量:1個入
種類(色、柄、デザイン):グリーン、 イエロー、 グレー。
懐中電灯とランタンの2WAYタイプです。懐中電灯とランタンを簡単に切り替えられます。キャンプや災害時に便利です。使用電池は単3乾電池×3本(別売)です。

カラーは3種類

2WAYランタン

これ、買ってから気づいたのですが、カラーは3種類あるんですね。グリーン、 イエロー、 グレー。

知っていたらグリーン買っていたかな。でも、イエローがベージュ寄りだったらそれに決めていたかも。

2WAYランタン

ここの小窓からカラーチェックできます。

なんで単3が3本も必要なの

「連続点灯時間はCOB約10時間・LED約12時間」が公表値。

今どき単3を使うものは珍しい。しかもLEDライト系なら単4電池3本くらいが一般的。

このライトは、単3電池3本でこの連続点灯時間なのですが、実際に照らしてみて納得しました。

明るすぎるくらい明るいんです。消費電力が高い。

2WAYランタン

COBだから当然のように眩しく明るい。

2WAYランタン

こっちのLEDライトも、ダイソーで売られている一般的な1灯式ハンディライトに比べると格段に明るい。

明るさ検証<室内>

1枚めから、通常の室内用シーリングライト、COB、LED。

さすがに室内用シーリングライトに比べるとそれなりに暗く写っていますが、目視では暗いと思わないレベル。作業などは十分にこなせます。

COBライトの火付け役はこれですね。しかも充電式

明るさ検証<屋外>

1枚めから、充電式のキャップライト、COB、LED。

ここで驚いたのが予備のような存在であったLEDライト。普通のライトよりも明るいやん!

多分これが、単3電池3本必要だった理由でしょう。

これだけ明るいとすぐに電池がなくなってしまいますので、容量確保のためだったのかも。

COBは明るいんですが、微妙に照射範囲が狭い気がします。

気になる重さ

重量は電池を入れた状態で151g。

150gは、お茶碗1杯分くらいの重さになります。わかりにくいですか?

さつまいも1本、なす2本、きゅうり1.5本、玉ねぎSサイズ1個といったかんじ。

まぁ、気にならない程度ですね。

使い道

COBもLEDも明るいので、キャンプなどでご飯を食べるのには明るすぎますし、白色なので風情がいまいちです。

なので、作業灯として使うのがよろしいかと思います。

我が家では、ブレーカーが落ちた際や、家猫が脱走した際に使うようにしています。

ご飯を食べるなら高いけどこれがおすすめ

スノーピーク(snow peak) たねほおずき

ちょっと高いですが、これは満足できるものです。家で見ると暗く感じますが、実際に屋外で使うと丁度よい明るさになります。見た目よりも明るく広範囲をじわっと照らしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました